招待状は自分で作成できる

結婚式の招待状などは、いざ当事者になって送るということになると、結構費用がかかってきます。1通3百円からの設定というのも多いです。しかも、それがすごく豪華というわけではないです。普通のタイプです。豪華なものになるともっと値段は上がって来ます。そうなると、100人の招待客ならそれだけで結構な金額になってしまいます。それではちょっと費用がかかるし、あまり個性的でもないですね。既存のものなので、もしかしたら、今まで同じものをもらったことがあるかもしれないです。今はこういうキットが売っているので、そういうので、個性的なものを作成して送るというのもいいです。こういうところでちょっとセンスというのが出てきます。ほとんど自家製で作ってみるという人もいるし、半分くらいは自分でやってみると言う人もいます。案外楽しい作業です。

招待状に関する仕組み

招待状とは、結婚披露宴に招待していくためにゲストに対して送っていく案内状や、案内状に関するほかには、会場に関する地図や切手を貼っている返信用ハガキについても同封するようにします。また、差出人に関しては、結婚については家と家とを結んでいくものであるといわれる考えを用いていくより、新郎新婦に関する父親、あるいは母親については差出人としており、最近においては、結婚していくふたりによる連名によって出していくことに関しても一般的になってきており、すでに籍を入れている場合であったとしても、旧姓を表記していくようにして、封筒による裏に関しては〆ではなく、慶事においてふさわしいような寿やハートなどに関するシールを用いている上で、切手も同じように、郵便局においては慶事用による切手については販売されております。

招待状を出す時の注意点。

まず、招待状には大きく分けて2種類が存在します。それは、強制力が強い物と、強制力が弱い物です。強制力が強い物の代表的な例としては、結婚式の招待状が挙げられます。手紙を受け取った人にとっては基本的には参加するべきイベントであり、余程の事がなければ断りにくい招待です。その為、文章は出来る限り謙った言葉を選び、カジュアルな文章や高圧的な文章は控えましょう。また、結婚式の日取りを決める前に、招待する親戚には事前に日程の確認を取っておくなど、事前の根回しを行っておくと良いでしょう。次に強制力が弱い招待状ですが、こちらは気軽なパーティーへの招待などで、文章に関しては特に神経質になる必要はありません。ただし、例えば収容可能な人数が100人のパーティーを予約したにも関わらず、200人に手紙を出して、その全員が参加するという返事をくれた場合は、会場のキャパシティーを超えてしまいます。手紙を出す人数には、注意が必要です。